AGA治療や女性用育毛剤などの体験談を掲載

男性の薄毛の原因のほとんどは男性型脱毛症でした!

日本では成人男性の4割が薄毛に悩んでいます

美容院の風景我が国で薄毛に悩む男性は、およそ1000万人と言われています。
これは成人男性の約4割にも達し、非常に多くの人がこの問題に悩んでいることがわかります。
抜け毛は進行性であり、そのため多くの人がなんとか改善を図りたいと考え、マッサージや育毛効果のあるシャンプー、サプリ等を使用していますが、なかなか誰もが効果を実感するとはいかず、中には諦めてしまう人も少なくないようです。
しかし、改善することは可能なのです。

男性の薄毛は男性型脱毛症(AGA)という病気でした

実は、男性の薄毛の原因のほとんどは、男性型脱毛症(AGA=Androgenetic Alopecia)によるものと言われています。
AGAの原因は、未だ全てが解明されているわけではありませんが、ただし男性ホルモンが関与していることだけはハッキリとしているのです。
AGAの男性の血中には、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)の濃度が高くなっていることがわかっています。
そして、このDHTの濃度が高ければ高いほど、AGAは進行していくことが判明しているのです。

DHT(ジヒドロテストステロン)が薄毛の原因

DHTは、男性ホルモンのテストステロンが前立腺や頭皮に存在する「5-αリダクターゼ」という酵素によって変換されることで生成されます。
つまり、この酵素の働きを阻害することでDHTの生成が抑えられるのです。
このようなことから、現在AGAは薬剤でDHTの生成を抑え、さらに血行を良くして発毛を促進するという治療法で改善できることが判明しています。

服薬での治療が確立しています

これらの薬剤療法は、皮膚科や美容皮膚科などの病院で行われています。
ただし、治療を開始してすぐに効果が現れるものではなく、最低でも6ヶ月以上薬剤を使用することで効果を発揮するとされています。
そのため、治療には長期間の継続が必要です。
このような事情から、薬剤を個人輸入で求める人も少なくないようですが、薬剤を使用するにあたって体質のチェックや副作用についてカウンセリングを受けることが推奨されているため、必ず病院で診察と処方を受けて問題がないか確認できてから、それらは考えるべきとされています。
当ホームページでは、男性のAGA治療や女性の薄毛など男女別で体験談を掲載していきます。

新しい育毛情報